子宮頸管無力症を乗り越え無事出産しました【後編】

わたし
こんにちは、笹木パンダです。

前回、21週(6か月)で子宮頸管縫縮術、マクドナルド法で手術したときの体験談をお話ししました。

子宮頸管縫縮術、マクドナルド法で手術したときの体験談【中編】~子宮頸管無力症~

2020-05-20

妊娠中期での手術だったので出産まであと4か月。

今回は後編として、術後の生活と出産、2才になった息子についてお話しします。

同じ境遇の方がいらっしゃいましたら、参考にしていただけたらと思っています。

※手術の内容、術後経過、入院期間などはひとそれぞれ違います。あくまでも参考までにお読みください。

子宮頸管無力症の疑問

発症は0.05~1%程度と言われている子宮頸管無力症。

子宮頸長が短くなってる、と指摘された妊婦さんは無事出産できるか不安になりますよね。

わたしは術後、産婦人科の担当医から「普段通りの生活をして大丈夫」と言われていたのですが、出産までは極力安静に過ごしました。(そのせいで18kgも太りましたが)

出産の話をする前に、わたしが疑問に思って担当医に直接聞いた話を備忘録として残しておきます。

Q 前回の妊娠(32週で切迫早産になった)は関係ありますか?

産婦人科
A 一度発症すると次の妊娠でも発症する可能性は高くなります。

わたしは運動嫌いで必要最低限の筋肉しかないので、勝手に支える力が弱かったのかなぁと思っていますが、子宮頸管無力症になる原因ははっきりとはわかっていないようです。

Q 妊娠中に腰椎麻酔をして胎児には影響ありませんか?

産婦人科
A 妊娠中期以降であれば問題ないとされています。

これ、いちばん気になるところですよね。

妊娠中に麻酔を伴う虫歯治療はできない、なんてよく聞きますから。

妊娠初期は発育に大事な時期なので避ける場合が多いようです。

実際に手術で使う量は微量なので、奇形・流産・早産の原因にはならないとされているようです。

あとは考え方次第だけど、手術して縛ってしまえば子宮頸長がこれ以上短くなるようなことはほぼないから、手術するリスクとしないリスクどっちを取るか?という話もされました。

手術しても流産・早産・死産の可能性はありますか?

産婦人科
A 手術の刺激で陣痛につながってしまう可能性もあります。

陣痛がはじまってしまえば例え死産でも「産む」選択肢以外になく、

  • 21週(6か月)で陣痛が起こった場合、ほとんどの場合は助からない。
  • 奇跡的に助かったとしてもほぼ100%の確率で未熟児網膜症を発症し、発達遅延・脳性麻痺などの障がいが残る可能性が高い。
  • ここの産婦人科では対応できないので、よりレベル高い処置が受けられる総合病院に即転院になる。
という話を事前にされました。

わたしの場合、第1子のときも子宮頸長が短かったのですが、そのときは手術できる時期を過ぎていたので、入院し点滴生活をしながら絶対安静で過ごし38週で出産しました。

術後、退院してからの日常生活

幸い時期が真冬だったということ、娘がまだ1才3か月で歩くのもヨチヨチだったため、ほとんど家の中で過ごしました。

お腹が出てくるのも早かったので腰痛がひどかったし、胎動も激しくて寝てて起きることも頻繁にあったし、頻尿で1時間に何回もトイレに行っていました。

はっきりいって体調は良くなかったですが、通常通りの家事をこなしながら日々祈るような気持ちで過ごしました。

38週で出産

わたしの場合抜糸をしたらすぐに生まれてしまうだろう、ということでギリギリまで縫ったままでいることになりました。

また上の子のこともあるので計画分娩で産むということになっていたのですが、計画分娩前日に陣痛が起こり出産となりました。

出産当日は義母が娘を泊りがけでみてくれるというので、それまで安静に過ごしてきたのですが、掃除やら入院中の娘の食事準備やらをしていたら・・・動きすぎて陣痛になりました。(夫、のんきにソファに寝転がってゲームして全然手伝ってくれなかった!怒)

そして今回も無痛分娩を希望していたのですが、やっぱり直前になって、あーだこーだ言いくるめられて、結局無痛分娩にしてもらえませんでした。。。

でも、前回と違って促進剤使わなかったので急激な痛みもなかったし、なんといっても流れがわかってるから冷静でいられて、途中掃除のおばちゃんが入ってきて「今、分娩中です!」って怒られてたり(おばちゃんに「あなた痛くないの?全然うなってない!」って驚かれた)、いきみ逃しも上手くできて激痛は生まれるまでの10分間くらいで、するするすぽーーーーんと生まれてきてくれました。

抜糸はいつしたの?出産はどうだった?

わたしの場合は、朝7時半ごろお腹の痛みで目が覚め、これって陣痛かなぁと思ったのか9時半、間隔を計り陣痛を確信したのが10時で、それから病院に連絡し入院したのが10時半でした。

病院が昼休みになる13時に抜糸し、病室に戻り子宮口が10cm開いて分別室に行ったのが16時過ぎ、16時半に破水し、16時39分に生まれたので割とスピード出産でした。

その後の息子

この記事を公開したまさに今日、息子2才になりました。

現在の息子はとにかくイタズラ坊主で、先日もトースターでプラレールを焦がす事件を起こしたり、日々やらかしています。

自分自身が年子なので、生まれるまでは正直こんなに大変だなんて思ってもみなかったのですが、子どもたちのお蔭で楽しい毎日を過ごしています。

年子育児は大変だけど、こちらが家事をやっているときは2人で遊んでくれるし(ときどきケンカもするけど)、姉の影響で息子は何かと成長が早いし、娘も弟が生まれたことでぐっと成長しました。

そして妊娠生活がツラくてもうこれで最後だから!と毎日嘆いていましたが、2人の子どもたちがもう少し大きくなったら、もうひとり産んでもいいかなぁと思っています。

そのためにはまず妊娠で肥えてしまった18kgをどうにかしないとなぁ・・・

まとめ

前編の公開から約2年、だいぶ期間が空いてしまいました。

年子育児、元保育士であっても激務です。

ここ数日で息子は3語文を話すようになり、簡単な言葉で伝えれば、大人の話すことも理解できている様子。

イヤイヤ期真っ最中だけど昔に比べればだいぶ楽になりました。

リスクもあるけど、わたしは子宮頸管無力症の手術をして良かったです。

2人の母親になれて、本当に幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください