おでかけ

子連れOK!ウィズキッズシネマ完全攻略レポ。9か月の娘が映画デビュー★

更新日:

家族でミニオンズ大好き!笹木パンダです。

お母さんになってからというより、大人になってからわざわざ足を運んで映画を観た記憶がありません。

今は自宅にホームシアター設備があるので、子どもが寝たあと夫婦でAmazonプライムを観ています。

が、映画に行きたくなる理由ができちゃったんです。

子連れで楽しめる映画館があることを知り、それならば9か月の娘もついでに映画館デビューさせる計画を思いつきました。

どうやら、TOHOシネマズの『ママズクラブシアター』、シネコンの『ほっとママシネマ』などが子連れOKの映画サービスを月1~2回、または不定期でやっているようです。

設備やサービスが充実◎穴場な映画館『シネマイクスピアリ』

ディズニーランド・シーがある『舞浜駅』に隣接しているショッピングモール、イクスピアリ。

その中にあるシネマイクスピアリでは、毎月第二金曜日の午前中に『ウィズキッズシネマ』という子連れ限定の企画をやっているようです。

上映作品は最新映画の中から子どもに人気のアニメ作品や子育てを頑張るママ同士で楽しめる作品をセレクトしているそう。

今月の映画はミニオンズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』!!!!

そう、ミニオンズで映画デビューなんて素敵すぎる、というミニオンズLOVE目線で映画館に行くことを思い立ったわけです。

ウィズキッズシネマの特徴

  • 未就学のお子さま連れのみ入場可
  • 上映中、館内にはスタッフが常駐
  • 空調や照明、音量をお子さま向けに調整
  • チャイルドシートやブランケットの無料貸し出しもあり
  • ベビーカー置き場や、おむつ交換用のスペースあり

料金は大人1300円、幼児(3歳~6歳)900円、3歳未満は無料です。

Myシート・リザーブでオンラインチケットを事前購入しておくと◎

有人の窓口で当日購入もできますが、あらかじめチケットを購入しておくと便利。

日付と上映時間を選んだら、座席選択の画面になります。

実際わたしが行ったときのシアター4を、例に席について解説しておきます。


青が購入可能の席です。

おすすめは赤丸で囲った中央部の端の席です。空いていればここにしましょう。

ここであれば非常口も近く、ぐずった時にさっと避難できます。

すでに埋まっている場合は、オレンジの四角で囲んであるI列がおすすめ。

通常ベビーカーは劇場外の専用スペースに、置いておかないといけないのですが、

この列だけ通路沿いなので持ち込みできます

大荷物でも安心です。

ちなみにベビーカーは映画終了直前、劇場の出入り口に移動しておいてもらえます。

グレーの緑の四角で囲ってある席は、ファミリー&ペアシートや車いす専用など有人窓口でしか買えない席のようです。

夏休みシーズンでしたが観客は4分の1程度でした。

スタッフの方に聞いたところ、満席になったことは一度もないそうです。

上映中はこんな感じでした!

ウィズキッズシネマは開場から開映まで1時間半もあります。

30分前に到着しましたが、もっと早めに入って寝かしつけをしても余裕です。

そして大人の楽しみ、ポップコーンを購入!

今回は子どもの映画代がかからなかったので、贅沢に+50円で限定のジュースセットを注文。

おっと!うっかりミルク調乳用のお湯を忘れちゃっても大丈夫。
声を掛ければ売店で入れてもらえました。

はじまる前にはトイレも済ませておきましょう♪

女性トイレの隣にはおむつ交換台があります。

パーテーションもあるので、授乳室にもなります。

準備万端で席に戻ると、隣に同じくらいの月齢の赤ちゃんを連れたママが2人組できていたので軽く挨拶。

上映前のアナウンス放送やジリジリジリ!!!!…なんていうブザーはなく、スタッフさんが前に立って声をかけてくれました。

そしていよいよ本編がスタート。

通常の映画にはある予告がカットされていました!

若干暗くはなったものの、本が普通に読めるくらい照明はかなり明るめ

真っ暗にならないので子どもの様子もはっきりわかります。

子どもがたくさん集まっているので泣き声やおしゃべりする声もちらほら。

ストーリーも中盤に差し掛かってくると、飽きちゃったのか階段を上り下りしたり、ぐるぐる走りまわる子も。

うちの娘はというと、途中ミニオンズが歌ったり、踊ったりするシーンでは、あっあっ!と声をあげたり、身体を動かしたりすることもありましたが、なんとか膝の上で鑑賞することができました。(ほっ!)

映画デビューを成功させる4つのポイント

子連れ限定とはいえ、まわりに迷惑を掛けたりする行為は避けたいもの。
9か月の娘を連れて行く1週間前から、予行練習をしました。

ミニオンズ自体を好きになってもらう

遊ぶスペースや持ち物にさりげなくグッズを置いておいたり親近感が持てるようにしておきました。

興味のないものは大人だって飽きます。

集中して観られるよう作品選びは子どもが好きなものに。

DVDを観る練習をしておく

笹木家では、主にわたしが料理中で相手ができない30分~1時間程度、TVの時間を設けています。

おうちでできないことは、外では絶対にできません。

家庭の方針でTVは禁止にしてます!という場合も、ぶっつけ本番は危険ですので、時間を決めて座って観る練習をしておいたほうが無難です。

いい席を選んでおく

すでに説明しましたが、もしもの時のためにさっと移動できる席が安心です。

何度も頭を下げて行ったり来たりするのは勇気がいります。

特に列の真ん中あたりの場合、1度退席したら戻ってこれない場合もありそうです。

約束事を決めておく

実は飽きて遊び始めた子どもが、わたしのポップコーン&ジュースをこぼしてしまったのです。

親も注意したり、連れ戻すこともせず、放置状態なのはちょっと気になりました。

泣いたり、笑ったり…多少はお互い様ですが、せっかく観にきているので、なんでもあり!はやっぱりどうかなぁと思います。

あれば安心!持ってきたほうがいいもの

  • 抱っこひも
  • 音の出ないおもちゃ
  • 赤ちゃん用の飲み物&お菓子
  • 授乳ケープ

赤ちゃんが途中でグズってしまったら、おもちゃであやすのも手。

それでも機嫌が悪い場合は、抱っこ紐に入れて、さっと非常口付近に避難。
あやしながら鑑賞できるのはありがたいですよね。実際そんな親子が何組もいました。

売店には残念ながら、赤ちゃん用の飲み物やお菓子はありませんでした。
わたしはポップコーンを食べていたので、娘にはたまごボーロを食べさせました。食べこぼしもなく音もでないので良かったです。

場内は結構明るいので、授乳ケープもあると安心です。

まとめ

グズって泣き止まなかったら?長時間も大人しく座っていられる?と行く前は心配だらけでしたが、スタッフさんが親切にしてくださり、安心できる雰囲気の中で映画が鑑賞できました。

これなら暗い場所や大きな音が苦手な子どもも怖がらずに楽しめそうです。

歩けるようになってくると、飽きてウロウロしてしまう場合もあるかもしれません。

事前に約束事を決めておいたり、いったん外に出て落ち着いてから戻ってくるのもいいと思います。

みんなお互い様ですから、躾をするチャンス・マナーを教える場だと思って、ぜひ楽しんでほしいと思います。

ショッピングセンターの中にあるので、帰りはディズニーストアに寄って買い物をしたり、パフェを食べて帰ってきました。

子どもを産んでからお出掛けする機会も減っていたので、気分転換でき親子ともにとても満足でした。

-おでかけ

Copyright© おんぶにだっ子 , 2019 All Rights Reserved.